二重あごはいつ頃から始まる?

  1. トップページ
  2. 二重あごはいつ頃から始まる?
二重あごレベル「首を上に向ければ消える」 42歳・女性

中学生のあたりから、二重あごが気になっていました。体はそれほど太っていないのですが、骨格のせいもあって二重あごになりやすく、特に少し体重が増えただけで、顔にお肉が付きやすくすぐ二重になってしまいます。

二重あごレベル「少し下を向くと二重あご」 40代・女性

40代になったあたりから、なんか顔の輪郭がスッキリしなくなってきました。考えてみると、体重も増加傾向で、よく言う中年のおばちゃん体型になってきた頃ですね。お腹や腰周りの肉もたっぷりついてきたような…でも、運動は全くしていなくて、だから、体だけじゃなく顔にも肉がついてきたんだと思います。

二重あごレベル「になる状態。」 40代・女性

40代半ば頃からだと思います。人と話すことが少なくなり、笑うことが減ったので、顔の表情筋を動かすことが少なくなり、二重あごになったのだと思います。また、その頃から、太りだし、女性ホルモンも減ってきたので、顔もたるんできて、二重あごになるのに拍車がかかりました。

二重あごレベル「ボンレスハムのような状態」 30代・女性

私が二重あごになってしまったのは、出産後に急激に太ってしまったっていう環境の変化による原因が大きいのではないのかなって思っていて、さらに中年太りにまでなってしまったっていうのが原因だと思い当たる点がこれです。

二重あごレベル「下を向いたらバレるくらい」 35歳・女性

27歳の時に急激に太ってしまい、気がつけば2重あごになっていました。体調を崩して、仕事を辞めた時期がきったけなのですが、仕事をしていた頃に比べ、お腹がすぐにすくといった具合でパンを食べる量が増えました。これが一番の原因だと思っています。5つ程セットになっているパンをペロリと1時間も経たないくらいで食べあげていましたので・・・。そこから、普通に3食食べていましたので、完全にパンです。

二重あごレベル「首を少しでも下に傾けるとたるみが目立つ状態」 40代・女性

二重顎になってきたなと感じ始めたのは40代に入ってすぐの頃だと思います。二重顎になってしまった原因は30代後半ぐらいから運動不足になってしまったことによる肥満だと思います。太ることによって顎の下に余分な脂肪がついてしまったことによって顎の下のたるみが出てしまったのです。

二重あごレベル「首を上にあげれば消える程度」 25歳・女性

元々遺伝で顎がない顔の形なので、小さいころから下を向くと二重あごになる状態でした。母親も、祖父も同じような感じです。特に太っているわけでもなく普通体系です。高校までは運動部に所属し、毎日部活動をしていましたが引退後4キロ一気に太ってしまい、さらに二重顎が気になるようになりました。その後、大学からは1人暮らしをはじめそこから2キロ増量してしまい、あわせて6キロの増量。こうして考えると、やはり部活をやめて運動をほとんどしなくなってしまったこと、1人暮らしでコンビニなどでの食事が増えたことが二重あごが目立つようになった原因かなと思います。

二重あごレベル「前を向いていれば消える」 29歳・女性

中学生くらいの頃です。思春期で、外見が気になる反面、身体の成長もあり沢山食べたいという欲求を満たしていました。小学校を卒業して中学生に行くことになって環境が大きく変わった事のストレスで食欲旺盛になり、顔に肉がついてしまったのだと思います。それに私は顎が小さいので、肉がついたぶん余計に二重あごが目立つようになってしまったのだと思います。

二重あごレベル「少し下を向いただけで二重あごになる」 44歳・女性

年齢と共に二重顎はどんどん激しくなってきたと思います。後お酒の飲み過ぎも関係していると思います。

二重あごレベル「MAX10だとすると私のレベルは7。下を向くとアゴがプルプルする」 40代・女性

仕事でデスクワークをしています。ずっと同じ姿勢で下を向いてPCに向かうことが多いことが原因だと思います。通勤途中でスマホを見ていたり仕事だけでなく在宅している時もPCでネットをしたりと、とにかく正面向くことが少ないです。

このエントリーをはてなブックマークに追加