二重あごは口周りの筋肉を使わないからできる?

  1. トップページ
  2. 二重あごは口周りの筋肉を使わないからできる?
二重あごレベル「首を上に向ければ消える」 42歳・女性

加齢とともにほうれい線も気になってきているので、ほうれい線対策に効果があると言われている、ベロまわし体操というものを気が付いたときにはするようにしています。座り仕事が多く、他人と話して笑うということが日常的に少ないため、口角を上げるということも気にかけて行っています。

二重あごレベル「少し下を向くと二重あご」 40代・女性

若い頃は、頬がふっくらしていて可愛い…と言われたけれど、あれは歳を取ると頬の筋肉が下がってきて、ほうれい線がハッキリしてくる原因になりますね。食事もあまり噛まないし、頬の筋肉はあまり使ってないかも知れません。ほうれい線対策としては、コロコロローラーで下から上へマッサージしています。

二重あごレベル「になる状態。」 40代・女性

家で仕事をしているので、ほとんど人と話す機会がないので、顔の筋肉はあまり使っていません。食事の時は、片噛みをしないで、両方の歯で噛むようにしています。また、笑うことが健康、美容に良いので、お笑い番組を見て、笑うようにしています。鏡を見て、フェイスラインのたるみ、二重あごに気づいて、愕然としたら、頬骨を意識して「ニッコリ」と大きく笑うようにしています。

二重あごレベル「ボンレスハムのような状態」 30代・女性

普段の生活の中では、私はできる限りは食事をするっていう際に、その一口はよく噛んでっていう風に咀嚼をするっていう事には集中的に執り行うように意識をするようには心がけてはいるのですが、それ以外ではあまり動かせていません。

二重あごレベル「下を向いたらバレるくらい」 35歳・女性

口周りは日ごろから意識しています。仕事上よく笑いますし、話す方なのですが、1人で家に居る時にも何となく口に空気を含ませて動かしたりしています。ホウレイ線も気にしているので、適当に自分流でトレーニングしています。ただ、休みの日で誰とも会わなかった日などは会話じたいしていないので、まる1日口まわりや頬の筋力を使っていないことになるので、不安を感じます。

二重あごレベル「首を少しでも下に傾けるとたるみが目立つ状態」 40代・女性

普段から口周りや頬の筋肉を意識して動かしていることはあまりないと思います。食事の時も結構早食いなのでしっかり噛んでいない気がします。本来なら年齢的にも頬の筋肉などをしっかり意識して動かす必要があるというのはわかっていますが、どうしても忙しさにかまけて、そのまま放置してしまっています。

二重あごレベル「首を上にあげれば消える程度」 25歳・女性

仕事上常に会話はしていますし、自宅でも家族とずっと過ごしているので頬の筋肉はよく使っているほうだと思います。ですが仕事上食事はいかに早く食べるかなので、食べやすいものが多く、また5分程度で食べるので咀嚼回数は少ないと思います。

二重あごレベル「前を向いていれば消える」 29歳・女性

食事の時はよく噛むし、子どもと話したり笑ったりするので頬の筋肉は使っている方だと思います。話すのが好きなので、生活していてほとんどの時間喋っている気がします。知らない人と話す時は使い慣れていない筋肉ばかり使っているのか筋肉痛のように感じるくらい頬の筋肉が疲れています。

二重あごレベル「少し下を向いただけで二重あごになる」 44歳・女性

最近は顔もあまり動かしていないことに今きずきました。顔のトレーニングはほとんどしていません。

二重あごレベル「MAX10だとすると私のレベルは7。下を向くとアゴがプルプルする」 40代・女性

二重アゴを解消するために意識して口周りの筋肉を動かしたことがありません。あまり話すタイプでもないのでおしゃべりでもなく、黙々と作業をこなしています。なので最近とくに二重アゴのうえ、ほうれい線も気になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加